飲み物の工夫で筋肉をつけるのが楽になる?

筋肉をつけるために食事の工夫が必要なのは有名ですが、飲み物を正しく選ぶだけでも効率が上がります。

 

食事をきちんと三食食べて、それから良質なカルシウムや必須アミノ酸などを補給する事がまず大事ですが、多忙な社会人生活の中では、食事が満足に取れない時も出てくるでしょう。

 

そんな時でも飲み物であれば、短時間で筋肉量をアップさせられる栄養素を問題なく補給する事が可能です。具体的な飲み物の種類ですが、ミルクやバナナジュース、そして市販されているプロテインドリンクがオススメになります。

 

まずミルクには、他の乳製品や肉類と同様に筋肉をつける上で大事なタンパク質が多く含まれています。コンビニやスーパーでも必ず売られていますし、空腹を静める効果やメンタルケアの効果もあります。

 

次にバナナジュースですが、果実の中でも高タンパクで色々な栄養素が配合されているため、忙しい朝などに飲むと、ちょっとした食事代わりになります。

 

そしてプロテインドリンクは値段こそ他の飲み物より高いですが、プロアスリートも愛用する一流品です。まさしく筋肉をつけるために必須な、ありとあらゆる栄養素が配合されています。

 

筋トレをした後、スポーツで疲労した後には最適であり、タンパク質と各種栄養素を一挙に得られます。

 

 

 

女性が簡単に筋肉をつける方法

モデルや芸能人のようにキュッとくびれたウエスト、すらりと伸びたメリハリのついた綺麗な脚は女性なら誰でも憧れを抱くものですし、永遠の目標でもあります。

 

しかし、モデルにような体型を目指そうとダイエットに意気込んでも、自分の思い通りに痩せることができなかったり、すぐにリバウンドをしてしまって元の体重以上に太ったという経験をしたという人も案外多いのです。

 

食事制限によるダイエットは手軽に行えるのが魅力ですが、食事制限だけでは必要な栄養素が不足して必要な筋肉がどんどん落ちてしまうのです。筋肉量が減少することによってリバウンドしやすくなったり、不健康に見えてしまうのであまりお勧めはできません。

 

やはり女性が健康的に美しく痩せるためには、筋肉をつけることが大切です。女性が筋肉をつける方法は多くありますが、手軽に行える方法としてはウォーキングやジョギング、また筋トレです。

 

ウォーキングやジョギングならスニーカーひとつあればいつでも取り組むことができますし、お金もかからないので一石二鳥です。

 

また、継続することができるなら自宅での筋トレも良いのですが、なかなか自宅だとモチベーションを保つことが難しいので、ジムなどに通って専門のトレーナーに効率よく筋肉をつける方法をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

 

 

 

ダイエットで筋肉をつけると効果はあるの?

ダイエットの際には運動が欠かせませんが、これは筋肉をつけることにも繋がります。脂肪を落としたいのにも関わらず、筋肉がついてしまうと、ダイエットにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

結論から述べると、筋肉をつけることは悪いことではなく、むしろダイエットに良い影響を及ぼします。なぜかといえば、体の代謝が良いほど効率良く脂肪を燃焼させることができ、代謝を良くするためにはある程度の筋肉が必要になるからです。

 

そのため、むしろ積極的に運動を取り入れることによって代謝が良くなり、痩せやすくなるだけでなく、その後太りにくい体になるので、リバウンドの可能性も低減させることが可能です。

 

筋肉は脂肪よりも重いので、運動でつける過程においては、多少体重が増える可能性もありますが、その後脂肪がどんどん燃焼されていくので、それに比例するように体重もどんどん減っていくことでしょう。

 

ただし、運動をやりすぎてしまうと怪我をする恐れや、逆につきすぎて太い体型になってしまう可能性などがあるので、あくまでもバランス良く行うことを心掛けておきましょう。

 

また、運動の効果をより高めるためには、バランスの良い食事や、質の良い睡眠も大切です。

 

 

 

筋肉をつけるための運動、トレーニングの頻度はどのくらい?

筋肉をつけるためには、運動によって、筋繊維を破壊しなければなりません。破壊された筋繊維は、次に同じ運動があった場合に破壊されないように、破壊前より太い筋繊維をつくろうとします。

 

この筋繊維の復元、つまり破壊された状態が筋肉痛となり、自覚症状となります。つまり、筋肉をつけるためには、筋繊維を破壊する程度の強度をもったトレーニングをする必要があります。

 

では、そのような運動、トレーニングを毎日続けるとより早く筋肉がつくかというとそうではありません。破壊された状態で、さらに激しい運動、トレーニングを行うと、筋繊維はさらに破壊され、筋肉をつけるどころか、逆に減っていってしまいます。

 

激しいトレーニングの後は、筋繊維が復活するまで休ませることも必要になります。さらに回復を促進させるためには、成長ホルモンも重要であり、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、十分な良質の睡眠をとることも大事です。

 

この復活には、筋繊維の材料となるプロテインが必要になり、運動後にプロテインを摂取すると復元期間が短く、より高頻度にトレーニングを行うことができます。

 

筋繊維は、同じ個所の反復によって破壊されるため、一日目は上半身、翌日は、下半身の強化といった具合で、一日毎に鍛える場所を変えることも効果があります。

 

 

 

食事のメニュー選びが大事って本当?

筋肉を効率よくつけるためには、食事のメニューを正しく選ぶ事が本当に大事です。それはアスリートや有名人の方々も口にする真実であり、世間で成功した人々は皆、人一倍食事のメニュー選びに神経を使っています。

 

筋肉を正しくつけるためには、良質なタンパク質を含む食事を、意識的に朝昼晩のメニューに取り入れる事です。タンパク質は必須栄養素の一つであり、一般的な食事から得る量であれば、普通の人々が取りすぎる事はありません。

 

具体的な食材名ですが、まずはタマゴやチーズやミルクなどの乳製品が挙げられます。いずれも低カロリーで上質なタンパク質が含まれており、筋肉をつける対策に不可欠です。

 

またサバやアジやマグロやニシンやイワシ、こういった魚介類にも上質な動物性タンパクが配合されています。肉類に比べて魚介類は低脂質で低カロリーですので、メタボを避けたい女性にもオススメです。

 

また、最近は白米を食べず主食をパンやシリアルで済ませる女性も増えてきましたが、筋肉をつけるためには普通のご飯がオススメです。

 

白米は高カロリー食だと一時的批判されましたが、いわゆる普通の女性が食べる食事量なら肥満のもとにはなりませんし、タンパク質の補給が捗り、筋肉を短期間でつける支援をしてくれます。

 

 

 

筋肉にまつわるウェブサイト

筋肉をつけるのに効果的なやり方などについて説明しました。

 

ここで紹介している方法、筋肉サプリを使う方法など様々なやり方があったりします。

 

あなたに合った方法を見つけることができれば幸いです。ちなみに、筋肉サプリに関してはこちらのサイトがおすすめです。